便秘スッキリ快調ブログ

腸活で内側からスッキリ!便秘解消のアイデアブログ

ストレスと便秘の関係

スポンサーリンク

便秘になる原因はいろいろありますが、ストレスもその一つです。特にストレス性の便秘は他の便秘と異なり、間違った方法だと悪化することが多いので注意が必要です。

 

もし、いろいろな便秘対策を試してみて、それでも改善が見られない場合は、ストレス性の便秘かもしれません。 

 

スポンサーリンク

 

 

ストレスを感じるとどうして便秘になるの?

ストレスを感じると下痢になるイメージが多いかもしれませんが、実は便秘にも大きく影響します。

 

人が腸の中のものを体外に排出する際、腸の動きを自律神経の中の副交感神経が調節しています。

 

しかしストレスがたまり、自律神経が乱れるとこの副交感神経が上手く働かなくなりうまく排泄を促すことができなくなってしまうのです。

 

すると、胃腸の中に物はどんどんたまっているのに、体外に便を排出することができなくなり、結果、ストレス性の便秘になってしまうのです。

 

また、副交感神経の動きが以上になると排泄ができなくなるだけでなく、胃酸過多や腸の痙攣も起こってしまい、症状はさらに悪化してしまいます。

 

ストレス性便秘の特徴

f:id:hanagardener:20171003011534j:plain

一番の特徴は、下痢と便秘を繰り返すところにあります。

 

お腹が痛いのに便秘になり、ころころとしたうさぎの分のような便が出て、すっきりしない状態が続きます。

 

状態が悪化すると過敏性腸症候群という状態に陥ってしまうので、怪しい症状があればすぐに生活習慣や食生活を治していきましょう。

 

ストレス性便秘の改善方法

ストレス性の便秘は、腸の動きが活発になっているのに、うまく排便ができていないため便秘薬を飲むとさらに症状は悪化してしまいます。

 

食生活でも通常の便秘解消では効果的な不溶性食物繊維も、この場合は悪化の原因になります。

 

まずは、できるだけリラックスで着る環境を作り、ストレスを発散することが大切です。

 

そして食事面は無理をせず、お腹に優しいものを心がけていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク