便秘スッキリ快調ブログ

腸活で内側からスッキリ!便秘解消のアイデアブログ

妊娠すると便秘になりやすいのはどうして?

スポンサーリンク

それまでは便秘に縁のなかった人でも、妊娠すると便秘になるという人は多いようです。妊娠すると、便秘しやすくなるのはどうしてでしょうか。調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ホルモンの影響

妊娠すると、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌量が増えます。

 

黄体ホルモンはおなかの赤ちゃんを守るため、体内に水分をため込む働きがありますが、その分腸内の水分は不足し、便が硬くなり排泄しづらくなってしまいます。

 

さらに黄体ホルモンには、腸の動きを鈍くさせる働きもあるので、排便しづらくなってしまうのです。

 

子宮に圧迫される

f:id:hanagardener:20170930212929j:plain

 

赤ちゃんがおなかの中で大きくなってくると、その分子宮も大きくなり腸を圧迫してしまいます。腸が圧迫されると、腸の動きが鈍くなるので便秘の原因になってしまうんです。

 

運動不足

お腹が大きくなってくると、妊婦さんは運動不足になりがちです。妊娠前よりも筋力は低下し、排出に使う力も弱まってしまいますよね。

 

さらに運動不足は腸の蠕動運動低下にもつながるため、便秘は悪化しやすくなるんです。妊娠中は、できる範囲でかまわないので、少しづつ体を動かしていきたいですね。

 

食生活の乱れ

つわりがひどくなかなか食事はとれないと、便のかさが減り、便秘の原因になります。

また、特定の食べ物が食べれなくなったり食生活が乱れることも、便秘の原因になりやすいです。

 

出来るだけ食物繊維たくさん摂取し、水分をこまめに飲むことを心がけましょう。

 

ストレスによる影響

妊娠によるホルモンバランスの変化や環境の変化、日々の疲れは女性の体に大きなストレスをもたらしています。ストレスは腸の動きと大きく関係しており、腸の動きを鈍らせてしまいます。

 

出来るだけリラックスを心がけ、赤ちゃんのためにもストレスフリーな毎日を心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク